サステイナブル商品 >

竹歯ブラシ

竹歯ブラシ
竹歯ブラシは柄の部分が竹製の歯ブラシ。そのため、プラスチックによる海洋汚染の軽減につながります。


オンラインショップでチェック:


竹歯ブラシとは

竹歯ブラシは柄の部分が竹製の歯ブラシをさします。 柄が竹製であるため、プラスチックによる海洋汚染の軽減につながります。

なぜ竹が使われるのか

竹は成長のスピードが早く、肥料や農薬も必要ありません。
そのため、サステイナブルなプラスチックのプラスチックの代用品として注目されています。
また、加工もしやすく、竹が抗菌作用を持っていることもその理由としてあげられます。

竹歯ブラシのブラシ部分は何がいい?

ブラシ部分はナイロン製のものが多く、この部分に関しては未だ生分解性ではありません。

生分解性があるブラシとしては馬毛や豚毛の歯ブラシがあります。
かなや刷子 馬毛歯ブラシなどがその例ですが、柄の部分はプラスチックとなっています。
現在のところ、柄の部分が竹製で、ブラシ部分が馬毛、豚毛という歯ブラシはなさそうです。

竹歯ブラシを選ぶ際のポイント

竹歯ブラシを選ぶ際に見るべきポイントをあげておきます。
まず、ブラシ部分がナイロンの場合は、ナイロン6を使用している竹歯ブラシがおすすめです。
通常のナイロンと比較して柔らかいため、歯茎を痛めにくいことの他に、水を吸収しにくいため、より清潔ということがおすすめの理由です。

また、BPAフリー(ビスフェノールAが入っていない)の竹歯ブラシかどうかも確認するようにしましょう。
※ビスフェノールAという化学物質は一部の食品用の容器等の原料に使用されています。

最後に見るべき点は歯科医の指導・監修のもと製造されているか、という点です。
残念ながら、昨今の脱プラブームに乗って、適当な歯ブラシを作る会社も存在しています。
環境を守りながら、自身の健康も守れるよう、歯科医の監修が行われている竹歯ブラシを使うことをおすすめします。

おすすめの竹歯ブラシ

地球環境防衛LINEでは、先程の「竹歯ブラシを選ぶ際のポイント」をクリアしているHumble Brush (ハンブルブラッシュ)をおすすめしています。

※一部、amazonなどのサイトでナイロン6には生分解性があると書かれていますが、Humble Co. スウェーデン本社に確認したところ、そのような事実はないとのことでした。
小売業者が翻訳の際に誤訳した可能性があります。ナイロン6には生分解性はありませんので、処理する際にはご注意ください。